わきが手術を受けて良かったと思っています。

わきが手術を受けたのは約6年ほど前です。
当時は白いシャツをきるとすぐにワキ部分が黄ばんでました。
冬の寒い日でも、わきの下は汗が流てました。接客業をしているので、休憩時間にはボディペーパーで脇の下をふいていました。
制汗スプレーも少しの時間しかもちません。
ここまでくると医療機関でのわきが手術しか手段が無く、相談に行くことにしました。
結果的に重度のワキガ症で、アポクリン線を除去していく方法でないと、改善できるレベルではないという診断でした。
手術自体は日帰りが可能で、手術時間は約1時間でした。
術後一週間くらいは、切開した箇所の皮膚をつながるまで、結構分厚い綿をワキの下にはさんでおく必要がありました。
ということで、色々と面倒も事もありましたが、今でも再発することはなくなりました。
何というより、ストレスがなくなった事が大きく、わきが手術を受けて良かったと思ってます。