わきがと多汗症の違いとは?

一般的に言われる「わきが」とは、エクリン汗腺とアボクリン汗腺から分泌される汗と油分が混ざって、雑菌によって、独特の臭気を放つ症状の事を言います。
脇の下にある分泌腺は誰にでもあります。
しかし人より多いとワキガになります。中でもアボクリン汗線の数が多いほどに、臭気を強く放ってしまうということになります。
欧米人と比較して、日本人はわきがの人の割合が少ないと言われています。
しかしながら全人口のおおよそ1割の人は、わきがであるというデータが出ています。
わきがは遺伝的な要素が非常に強いのですが、食生活の欧米化が原因で、体臭の強い人が増加しているとも言われています。
あとよく混同されがちな「多汗症」とは、エクリン汗線から大量に汗が分泌されてしまう状態のことを言います。
気温や湿度、または激しい運動や食生活など関係なく、常に汗が出るという症状が特徴と言えます。
もともとの体質やストレス、生活習慣など、色々な原因が考えられますが、交感神経が正常に働かないのは主な理由と考えられます。
多汗症になる箇所は、脇の下や手の平、足の裏など、個々によって様々です。
わきがや多汗症など、どちらにも言えることですが、生活に支障をきたすほどの自覚症状があれば、是非お近くの医療機関に相談されてみるのが良いでしょう。